旧街道の面影をとどめる建物の数々






 中町 鍛冶忠商店 明治33年(1900)に建てられたという蔵造りの商店 築後すでに110年 





本町 旧家大野伊右衛門家(宮本町)の分家 はかり販売、肥料問屋を営む 竣工は明治38年前後 土蔵造2階建  





本町 大野家の蔵 屋号「佃屋」 大野常蔵 地元では“はかり屋”と呼ぶ




 
本町 遠藤家 旧街道沿いに建つ大きな土蔵2棟現存 遠藤家初代は白生地木綿問屋を営む 





中町
 有滝家の黒塀(赤山街道沿い) 赤山(川口市)にあった関東郡代の陣屋に通じる道





中町 小泉家 格子戸構えの“しもたや”であるが、江戸時代から塗師市の屋号をもつ有力な呉服商だった





町 会田金物店 近所に金物屋がなく大沢町の人たちも頻繁に訪れた 自家製はちみつを販売していた 





本町 米長(こめちょう)乾物店 鰹節・カビ付けされた本古(ほんかれ)削り節・昆布・各種豆類その他乾物類を販売 





中町 木下半助商店 屋号は創業者の名から付けられた 明治32年(1899)の越谷大火後に建てられた建物




新町 水田文具店 建物は昭和初期の建造 創業は明治時代で営業便覧には新石町一丁目「桶商 水田喜助」とある





田中米穀店 建物は昭和初期の建造 創業は明治時代 営業便覧には新石町二丁目「米穀肥料商 田中吉之助」とある





新町 横田診療所(旧越ヶ谷郵便局) 昭和10年(1935)に建てられた半切り妻屋根の薄いピンク色でどこか懐かしい建物