ー 越ヶ谷久伊豆神社・大沢香取神社 ー 


 





享保7年(1722)銘 口を開けているオスの狛犬 口を閉じているメスの狛犬 阿吽の形態を示す









 






久伊豆神社拝殿前庭の狛犬

 
文政10年(1827) 前脚を玉に乗せた狛犬(オス)   親の脚の間に抱え込んだ姿の子連れ狛犬(メス)  





大沢香取神社 拝殿前の足止めの狛犬


天保6年(1835) 右の狛犬に足止め 左の狛犬は足止めをした痕跡が見られる  





大沢香取神社には多くの狛犬が見られるので紹介する





大沢香取神社 神殿前の狛犬

 
文化8年(1811)銘の狛犬 明治元年(1868)に建立された本殿(奥殿)の四方には市指定文化財の貴重な彫刻が見られる




大沢香取神社 参道の狛犬

 
宝暦元年(1751)銘 狛犬




大沢香取神社 参道の狛犬 

 
安永9年(1780)銘 狛犬




大沢香取神社 御神灯を支える狛犬


文政2年(1819)5月銘 御神灯を背負う狛犬

参考文献
京都国立博物館 HP
「木片集」 伊東忠太著 昭和3年5月